膝の痛み | 調布市のつつじヶ丘駅前ひまわり整骨院

つつじヶ丘駅前ひまわり整骨院
ヘッダー

スマホヘッダー

交通事故治療
 
ひまわり整骨院の紹介動画です!クリックしてご覧ください。 
ツイッター
HOME | CASE | 膝の痛み

膝の痛みに悩んでいる方はつつじヶ丘駅の
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院へ

膝痛

東京都調布市近郊にお住いの方で膝の痛みに悩んでいる方はいらっしゃいますか?
 
膝の痛みの原因は複数考えられますが、怪我や症状によって痛みの種類も度合いも変わってきます。
 
今膝の痛みを抱えているあなたは、日常生活においてこのようなトラブルが起きているのではないでしょうか。
 
・立ち上がりや歩き出しに痛みがある
・ひざを曲げられない、正座が出来ない
・夜や天気の悪い日に急に痛み出す
・階段の昇り降りで痛み、不安感が出る
・過去の怪我を気にしてスポーツで思い切った動きができない
 
上記のようなお悩みをお持ちでしたら、ぜひつつじヶ丘駅から徒歩1分のつつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院へご相談ください。
 
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院では痛みの根本的解決を目指した施術を致します。
 
全身の状態を考え、訴えのある箇所だけでなく痛みの原因筋にもアプローチします。
 
男性・女性に関わらず、深刻な膝の痛みを深く抱えている方が多い傾向にありますが、つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院では膝の痛みの改善へ向けあなたと共にそれぞれに合わせた施術をさせて頂きます。
 
長年悩んでいた膝の痛みが改善したと、多くの方からありがたい口コミ・評価をいただいています。
 

膝の痛みについて

高齢者の膝の痛み

膝の痛みは、高齢者や肥満体型、スポーツを始めた人など多くの方にみられる症状です。
 
痛みの度合いは怪我の程度等により様々ですが
「痛みが強い」
「膝の周りに腫れがある」
「なかなか痛みが引かない」
などの症状がある場合、特に注意が必要です。
 
人は日常生活の中で歩行することが当たり前となっていますが、膝の軟骨に体重負荷がかかりますし、筋肉の収縮による圧迫力も受けます。
 
40歳を過ぎたあたりからは、それまでと同じような仕事、生活、運動を続けていても、体への負担は増大し、膝の痛みなどが現れる場合が増えてきます。
 
膝の痛みは、身体の変化と日常生活での負担という側面を考えると、避けられないことかもしれません。
 
他にも内臓の不調から肩こり・腰痛と同時にくる膝の痛みや、女性の場合は閉経によるホルモン変化の影響で膝が痛むこともあります。
 
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院では、筋肉に対して垂直に圧をかける事で、身体に負担の少ない施術を行っています。
 
痛みを抱えている方に、施術中に余計な負担をかけさせないように、みなさまの心に寄り添った施術をいたします。
 

膝の痛みを生じる怪我

膝の痛みの種類

膝の痛みが症状として現れる怪我には、主に以下のようなものが考えられます。
 

変形性膝関節症

膝の内側の軟骨がすり減ることによって膝内側に強い痛みを伴う(進行の程度により痛み方がかわります)
 

膝関節靭帯損傷 

膝の内外にある側副靭帯や膝関節包の中にある十字靭帯が切れてしまった状態(内側側副靭帯が一番多く痛めやすいです)
 

腸脛靭帯炎

「別名ランナー膝」膝の外側にある靭帯の炎症、主に使いすぎや柔軟不足によるもの
 

半月板損傷

膝関節のクッションである軟骨がひねりや衝撃により損傷します。ひどいものだと膝関節が動かなくなるロッキングが発生します。
 

オスグッド病

スポーツなどによって膝のお皿の下にある骨の骨端線という部分に繰り返し外力が加わり炎症が起きた状態。
進行するとこの部分が剥がれる場合があります。成長期の男児に多い
 
 

膝の痛みの原因と対処について

スタッフ

ここでは膝の痛みにつながる原因と対処方法についてご紹介します。
自宅で気軽にできる方法ですので、ぜひ実践してください。
 

加齢による膝の痛み

加齢による膝の痛みは、筋肉の衰えが一番の原因なっていることから、まずは膝周辺の筋肉で大腿四頭筋・内転筋、他にはお尻の大殿筋などの筋肉を保持する、または強くすることが大切です。
 
そして、膝への負担を減らすために、ウォーキングやジョギング、ストレッチなど、無理なく継続的に続けられる程度の運動を定期的に行うことが必要です。
 
ウォーキングでは正しい歩き方を意識しましょう!
当院では正しい歩き方も指導させて頂いています。
 

肥満による膝の痛み

体重の増加により膝に大きな負担がかかり続けると、膝の関節軟骨がすり減って炎症が起き、痛みが現れるようになります。
 
もし体重が気になるようなら、食生活の見直しや運動で代謝を良くしたりして
体重を減らす努力をしてみましょう。
 
また、日常生活において膝に負担のかかる動作を避けることも大切です。
 

スポーツによる膝の痛み

スポーツなどで膝を使いすぎる(オーバーユース)と、筋肉の動かし過ぎによってストレスが集中し組織に小さな損傷が生じ、痛みが現れることがあります。
 
また、骨折や周囲の腱などの骨の付着部に炎症が起こることも、膝に痛みがでる原因と考えられています。
 
運動やスポーツによる膝への負荷を減らすために、始める前に十分にストレッチを行うとともに、終わった後にもストレッチそしてアイシングも行いましょう。
 

つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院
膝の痛みの原因を見つけませんか?

膝の整体

膝の痛みに対して色々なクリニックを受診したけど、なかなか治療の効果が出ないという方はぜひ一度つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院へお電話ください。
 
ご予約できますので、都合のいい時間に待つことなく施術を受けることが出来ます。
 
用事の途中や仕事帰りでも、いつでもお待ちしています!
 
まずは原因を診断し、最短で痛みを解消できる方法をご提案します。
 
症状によっては、レントゲン撮影やMRIなどの検査もできる整形外科もご紹介できます。
 
先ほどご紹介したような生活習慣が原因であれば、体や心に負担がかからない療法で、あなたの痛みを取り除きます。
 
東京都調布市のつつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院は、多くの膝の痛みと向き合ってきました。
 
院長をはじめスタッフ一同、豊富な知識と技術で、あなたの膝の痛みを改善に導きます。
 
膝の痛みを解消し明るく楽しい毎日を過ごしましょう!

つつじヶ丘駅前ひまわり整骨院
施術メニュー

 

骨盤矯正

あなたの本当の骨盤の位置をお伝えします。

骨盤矯正・O脚矯正

当院では骨盤矯正、О脚、足首の調整を一つのメニューとして施術しております。
私たちの身体というのは全体が連動して動いています。例えばО脚だけを矯正しようとしても、膝の上に位置する骨盤や膝の下にある足首が正し位置にないとなかなか上手く矯正できません。
また、骨盤だけを矯正しても骨盤を支えている下肢が捻じれていては、骨盤を正しく矯正することは難しいといえます。
あなたに骨盤が正しい位置にある状態をお伝えします。
そのうえで、骨盤と膝(О脚)、足首の調整を行っていきます。
 
特にこのような方はご相談ください。
☑︎О脚が気になる方。
☑︎ズボンの膝の隙間が気になる方。
☑︎偏平足・外反母趾をこれ以上進行させたくない方。
☑︎骨盤が気になっている方。
☑︎内股が気になる。
☑︎お尻のお肉が下に下がってきた。
☑︎産後のケアをしたい。
☑︎今まで産後ケアをしていない、骨盤が開いていると感じる方。
☑︎腰痛や座骨神経痛の方。
 
※矯正をする事でお困りの症状が一回で全て解決するというものではありません。
改善にはある程度の回数を要する場合もあります。
最初は週一回位の頻度でも施術をおすすめ致します。
О脚矯正においては、状態により30回~50回の回数を要する場合があります。

30分 4,000円

つつじヶ丘駅前ひまわり整骨院
施術コンセプト

揉み返しがない

CONCEPT①

揉み返しが起こりにくい

当院の施術は対症の筋肉に対して垂直に圧をかける事で、身体に負担の少ない施術を行っています。

筋肉のゆるさ

CONCEPT②

筋肉がしっかり解れる

筋肉に対しての垂直に圧を掛けるという事は、身体に対して負担が少ないだけではありません。垂直に筋肉をしっかり捉える事でより目的の筋肉が解れるので、高い施術効果が期待できます。

スタッフ

CONCEPT③

スタッフのハズレが少ない

ひまわり整骨院では、入社して間もない新人施術者が皆さまに施術を提供することはありません。烏山・つつじヶ丘院ともに院内の実技審査をクリアスタッフのみが施術にあたらせて頂いております。

要望

CONCEPT④

様々な要望にもお応えしています

当院は経験豊富なスタッフが揃っています。例えば横向き以外はなれない状態の方や、ペースメーカー・妊娠安定期の方など幅広く皆様の要望に対応させて頂きます。また、怪我や痛みだけではなく、自由診療のメニューをご利用頂くことでО脚矯正や、ボキボキしない背骨の矯正も行っています。

お子様連れ

CONCEPT⑤

お子様連れOK

お子様連れの方は、個室ではありませんが一番奥のベッドにお子様と一緒にご案内いたします。お気軽にどうぞ。

初めてお越しの方へ
施術の流れ

受付風景

①受付

明るいあいさつで皆様をお迎えします!
保険証を提示して頂き、ご紹介であれば紹介カードも提示して頂きます。

問診票記入風景

②問診表記入

待合室でおおまかに、痛い箇所・いつ頃から・どのようにして痛めたかなどを記入して頂きます。

③問診

問診票を確認しながら、痛めた経緯の再確認・怪我の既往歴・仕事や趣味(運動)などを確認させてもらいます。

検査画像

④検査

患部の状態を診る為、動かせる範囲で動かします。
出来る動作(可動域)を確認する為にご自身でも動かして頂きます。
 

施術画像

⑤施術

当院独自のVDC治療を使い、15分程施術がありその後、
干渉波治療をします。(症状により前後します)

再検査画像

⑥施術後再検査

検査時に動かして頂いた動作の再確認、どの程度の改善があったかを確認します。
殆どの方が動きの改善があり喜んで頂けることが多いです。

お会計画像

⑦お会計

最後にお会計をして頂き、予定がわかる方は次回のご予約をして頂き以上となります。

訪問診療
電話をかけるボタン
アクセスボタン
ホームボタン