腰痛 | 調布市のつつじヶ丘駅前ひまわり整骨院

つつじヶ丘駅前ひまわり整骨院
ヘッダー

スマホヘッダー

交通事故治療
 
ひまわり整骨院の紹介動画です!クリックしてご覧ください。 
ツイッター
HOME | CASE | 腰痛

腰痛の悩みは調布市の
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院にご相談ください

腰の痛み

東京都調布市のつつじヶ丘付近にお住まいの方で、腰痛にお悩みの方はいませんか。
 
多くの方が悩んでいる腰痛は、様々な原因から考えられ、症状もいろいろです。
 
腰痛に悩んでいる方は非常に多く、つつじヶ丘駅ひまわり鍼灸整骨院にも老若男女問わず多くの患者様が訪れます。
 
腰痛の痛みは個人差があり痛みの度合いも違いますが、みなさん多かれ少なかれ
 
日常生活で様々な支障をきたします。
 
腰は体を動かす際どのような動きでも重要な役割を果たしますので、腰痛を感じることによって下記のようなトラブルが生じます。
 
☑起床直後の起き上がり立ち上がりの動作時
☑長時間同じ姿勢をしていると腰がウズウズと痛み出す
☑庭仕事や家の掃除中に前かがみ姿勢を取るのが怖い
☑日頃の運動不足解消にと体を動かすが思うように動かせない
☑腰をかばった動作をするので姿勢が歪んでしまう
☑気候、特に冷えによって体調が不安定になる
 
腰痛は適切なケアを行わないとは、体全体の様々な怪我につながることもあり、時にはぎっくり腰になってしまうこともあります。
 
しかし、痛みの度合いはそれぞれの症状によって大きく異なるので、軽度の痛みであれば、湿布を貼ったり、ストレッチそして軽く体を動かしたりして対応している方が多く見受けられます。
 
また、腰痛に対して、どこに通えばいいのかインターネットで検索しながらも、決めきれないと言った悩みも聞きます。
 
つつじが丘駅から徒歩1分のつつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院では、腰痛に対して手技・鍼灸・電気療法を用いた施術など、様々なアプローチで多くの患者様の腰痛を改善した実績があります。
 
腰痛の原因が何なのか、しっかり追及することで、最適なケアを提案し施術します。
 
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院では、丁寧な問診とみなさまの立場に立った最適改善方法を提案します。
 
一時的な痛みの解消ではなく、根本治療を望むのであれば、ぜひつつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院にお電話ください。
 

腰痛とは

腰痛の原因

腰は常に重い体を支えていて、日常的によく使う場所でもあるため頻繁に痛みが起こりやすくなっています。
 
厚生労働省の平成28年国民生活基礎調査では、腰痛は男性の1番目に、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状で、その数は増加傾向にあります。

腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。
 
腰痛の多くは不良姿勢や生活習慣によって腰や股関節に負担がかかり障害が起きることで発症しますが、その他にも様々な要因が腰痛の発症に関係しています。
 
腰痛の代表的なものとして挙げられるのはぎっくり腰です。
 
激しい痛みを伴い、腰を曲げ伸ばししたり、回したりすることが困難になります。

腰椎や周辺の筋肉・靭帯が損傷して炎症が起きている状態ですので、怪我をしているのと同じ状態です。
 
いわゆる腰痛は、ぎっくり腰の激しい痛みとは違い極端に動かせる範囲が狭くなるということはありませんが、鈍い痛みやだるさを感じたり、一定時間同じ姿勢を取り続けると痛みが増すこともあります。
 

腰痛はなぜ起こるのか

腰痛には、病気が原因になって引き起こされるものもあります。
 
体を動かすときや歩くときに腰痛が現れる場合には、主に以下のような怪我が考えられます。
 

怪我が引き起こす腰痛

急性腰痛症

急性腰痛症は、「朝起きた時」「重いものを持ち上げた時」などに突然腰が痛くなる状態のことです。
 
いわゆる「ぎっくり腰」と呼ばれるものです。
 
殆どの場合、骨や椎間板に異常はなく、腰回りの強い痛みだけが続き、徐々に痛みが軽くなっていくものですが、場合によっては痛みが強くなったり、ときには熱感を感じることもあります。
 

腰椎椎間板ヘルニア

腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。
 
骨と骨の間に椎間板というクッションの役割を果たす軟骨があります。
 
この椎間板が何らかの原因によって正常の位置から外れて、後方の脊髄や神経根を圧迫する病気のことを腰椎椎間板ヘルニアといいます。
 
ヘルニアとは飛び出すという意味になります。
 
症状が悪化するとひどい腰痛を引き起こし、症状によっては手術が必要な場合があります。
 

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨の脊柱管という神経の通り道が狭くなる怪我のことです。
 
もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)で腰痛や足の痛み・痺れなどの症状が現れますが、足の痛みや痺れは安静時にはあまり感じず、「立ったり」「歩いたり」したときに大腿部から膝下にかけ痛みが生じますが、前屈みになったり座って休むと症状が緩和されます。
 

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは、腰椎そのものが正常な位置からずれ後方に変位し脊髄や神経根を圧迫する怪我のことを指します。
 
腰椎すべり症になると、腰痛、足の痛み・痺れ(立ったとき・歩いたとき)などの症状が現れるのが一般的です。
 
脊柱管狭窄症と症状はほとんど一緒になりますね。
 
ただ、軽めの腰痛だけの場合や自覚症状が一切現れない場合も珍しくありません。
 

原因不明の腰痛も

腰痛データ

色々と腰の痛みについてお伝えしてきましたが画像検査などで腰痛の原因がはっきりと特定できない場合がほとんどです。
 
実に85%のものが診療機関で診断してもらえません。
 
その場合は断定が難しいケースと言えますが、これまでの症状を踏まえて考えると下記のような影響が関係していることも考えられています。
 
・身体的影響(体のゆがみ)
・長時間同じ姿勢でいる仕事、運動不足、肥満、冷え症など
・心理・社会的影響
・ストレスの多い職場、家庭内不和、不安、不眠など
・神経の障害
 
これらが複雑に合わさると、腰痛が徐々に悪化することも多くあります。
 
しかし、根本から改善するためには、原因を特定することが重要です。
 
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院では、いつのまにか出てきた腰痛にも徹底的に精査しそのままにせずみなさまと一緒になって解決していきます。
 
精神面が起因するもので、生活習慣の改善が必要であれば、心理的なケアも含めた指導もさせていただきます。
 

なぜ腰痛長引くのか

腰痛を一度引き起こすと、原因に対しての適切な処置を行わない限りは、その痛みはダラダラと長引きます。
 
腰痛とは、腰椎捻挫による筋肉の炎症や神経の痛み(神経障害性疼痛)、また、心理・社会的要因などが複雑に合わさった状態を指します。
 
腰痛によって身体を動かさないことで、精神的なストレスを生み出します。
 
そして精神的ストレスが続くと、痛みを抑制する脳のシステムが機能しなくなって神経が過敏になり、さらに腰痛を感じるようになり、ますます身体を動かさなくなってしまう悪循環に陥ります。
 
長引いた腰痛はこの悪循環によって、生じるケースが多いです。
 
痛みのことばかり考えていると、それもストレスとなり腰痛の原因となります。
 
腰痛の様々な状態に適切に対処するためにも、つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院やかかりつけの医療機関に相談しましょう。
 

腰痛を普段から予防するためには?

腰痛予防

腰痛は怪我だけでなく、生活習慣が原因となることもあります。
 
ここでは、腰痛の予防法についてご紹介します。
 

骨の老化を防ぐ

年齢を重ねるごとに骨が弱くなり筋肉量が減少していくため、腰にかかる負担がいっそう大きくなって腰痛を起こしやすくなります。
 
まずは足や腰周り背中の筋肉量を上げて脊柱・骨盤を支える筋肉を増やすことが大切です。
 
有酸素運動やウォーキングといった運動や、カルシウムやビタミンD、たんぱく質などの栄養素も積極的に摂取しましょう。
 
骨を強くするためには日光に浴びる事も大切になります。
 
座るときによい姿勢を保つこと、無防備に前へかがまないこと、重いものを持たないようにすることも腰痛の予防に大切です。
 

適度な運動を心がける

運動をしないでいると足・腰の筋力量がどんどん減っていき、腰や股関節に大きな負担がかかってしまいます。
 
運動不足によって肥満になることが多く、その場合にはさらに腰への負担が大きくなって腰痛が起こりやすくなります。
 
運動は筋力量の増加や肥満の解消、血流の改善に効果があります。
 
運動不足を感じたら、簡単なウォーキングやストレッチなど、身近で簡単にできることに取り組みましょう。
 
ただし、腰痛があるときに激しい運動をすると悪化してしまう場合があるので注意しましょう。
 
痛みが出ない程度で身体に無理のない程度で行うようにして下さい。
 

正しい姿勢を意識

背骨は体を重力から均等に分散するために横から見た際ゆるやかなS状を描いています。
 
しかし、猫背や反り腰など悪い姿勢をとっているときには、重力による影響を上手に分散できず腰に大きな負担がかかります。大きな負担がかかることで、腰の筋肉が緊張しやすくなって腰痛が起こりやすくなります。
 
また、長時間同じ姿勢を続けることで、腰の筋肉が過緊張を起こして血液の流れが悪くなります。
 
体のバランスが崩れ骨格が歪むことによって、腰痛だけでなく首の痛みや肩こり・頭痛など、カラダの至る箇所に不調が生じることがとても多いです。
 
姿勢を矯正するためには、整骨院・接骨院へ行き定期的なカラダのケアをおすすめします。
 
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院では、痛みを感じさせない骨盤矯正コースもご用意しています。
 
骨格を正しく調整することによって、体を健康に保つ美しい姿勢づくりのお手伝いをします。
 
経験豊富な実績を持ったスタッフが、プロとして高い意識であなたの体の歪みに向き合います。
 

寝具は身体に合ったものを選ぶ

布団や枕が固すぎたり柔らかすぎると、寝ている間に大きな負担がかかり、筋肉が緊張することで腰痛を引き起こすと指摘されています。
 
枕も同様に、高さが身体に合っていない・硬すぎや柔らかすぎなどの場合に、腰痛の原因になるといわれています。
 
体に合った寝具を選ぶためには、まず体重や背骨の湾曲などから、どの程度の固さ・高さが腰への負担が最も少ないかを知ることが大切です。
 
自分の体にあった寝具を選び、体への負担を減らすことによって、腰痛のリスクを軽減することが出来ます。
 
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院ではそのような方にも適切に指導させて頂いています。
 

つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院は腰痛に悩むあなたを笑顔にします

腰痛の一般的な診断方法

腰痛の原因にアプローチ

腰痛の症状も痛みの度合いも様々ですが、症状によって適切な治療法は異なります。
 
そのため、正確な診断が重要です。
 
整骨院・接骨院や、そして医療機関では、カウンセリングと合わせて、触診や機器を用いた診断を行います。
 
症状によっては、腰痛以外の疾患も併発することが考えられます。
☑安静にしていても痛みが軽くならない
☑しだいに悪化する
☑発熱している
☑下肢が痺れたり力が入らない
☑尿漏れがする
これらの症状が見られる場合は、病院への受診が必要です。
 

つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院で腰痛を解消

腰痛の施術

腰痛の多くは背骨を支える筋肉の低下により発生します。
 
そして原因としては、背骨の変形・筋肉由来・内蔵の3つを主に考えます。
 
背骨の変形には腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰部変形性脊椎症、骨粗鬆症などがあり、坐骨神経痛などを引き起こし、足の痺れや痛みを伴うこともあります。
 
これらで起きる腰痛でも、異常のある背骨周辺の筋肉が硬くなり痛みを発症させています。
 
筋肉由来の原因には、姿勢の異常、中腰や座り仕事の多い人、疲労や運動不足などで筋肉に負担がかかり筋肉を硬くしてしまうなどが挙げられ、痛みを発生させます。
 
筋肉は使いすぎでも、使わなすぎでも硬くなる性質をもっています。
 
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院に腰痛の悩みを持って来院した方は、原因を特定することによって、前向きに施術に向き合うことが出来ます。
 
ずっと悩まされていた頭痛の頻度が減ってきた・腰痛の原因がわかって安心したなど、良い評価をいただいていますが、継続して当院に足を運び施術を受けることによって、確かな効果を感じているようです。
 
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院は、腰痛の痛みに、様々な原因を予測して対応します。
 
患者目線に立った施術を行うために、丁寧に問診を行い、しっかりと症状と今後の施術計画について説明をします。
 
腰痛の治療については、口コミでも高いご評価をいただき、つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院には紹介をきっかけにご来院される患者様も多いです。
 
皆さんの明るい未来を考えながら日々施術を行っています!
 
お電話でも通りがかりにでもよろしいので、いつでも皆さまをお待ちしています!

つつじヶ丘駅前ひまわり整骨院
施術メニュー

 

骨盤矯正

あなたの本当の骨盤の位置をお伝えします。

骨盤矯正・O脚矯正

当院では骨盤矯正、О脚、足首の調整を一つのメニューとして施術しております。
私たちの身体というのは全体が連動して動いています。例えばО脚だけを矯正しようとしても、膝の上に位置する骨盤や膝の下にある足首が正し位置にないとなかなか上手く矯正できません。
また、骨盤だけを矯正しても骨盤を支えている下肢が捻じれていては、骨盤を正しく矯正することは難しいといえます。
あなたに骨盤が正しい位置にある状態をお伝えします。
そのうえで、骨盤と膝(О脚)、足首の調整を行っていきます。
 
特にこのような方はご相談ください。
☑︎О脚が気になる方。
☑︎ズボンの膝の隙間が気になる方。
☑︎偏平足・外反母趾をこれ以上進行させたくない方。
☑︎骨盤が気になっている方。
☑︎内股が気になる。
☑︎お尻のお肉が下に下がってきた。
☑︎産後のケアをしたい。
☑︎今まで産後ケアをしていない、骨盤が開いていると感じる方。
☑︎腰痛や座骨神経痛の方。
 
※矯正をする事でお困りの症状が一回で全て解決するというものではありません。
改善にはある程度の回数を要する場合もあります。
最初は週一回位の頻度でも施術をおすすめ致します。
О脚矯正においては、状態により30回~50回の回数を要する場合があります。

30分 4,000円

つつじヶ丘駅前ひまわり整骨院
施術コンセプト

揉み返しがない

CONCEPT①

揉み返しが起こりにくい

当院の施術は対症の筋肉に対して垂直に圧をかける事で、身体に負担の少ない施術を行っています。

筋肉のゆるさ

CONCEPT②

筋肉がしっかり解れる

筋肉に対しての垂直に圧を掛けるという事は、身体に対して負担が少ないだけではありません。垂直に筋肉をしっかり捉える事でより目的の筋肉が解れるので、高い施術効果が期待できます。

スタッフ

CONCEPT③

スタッフのハズレが少ない

ひまわり整骨院では、入社して間もない新人施術者が皆さまに施術を提供することはありません。烏山・つつじヶ丘院ともに院内の実技審査をクリアスタッフのみが施術にあたらせて頂いております。

要望

CONCEPT④

様々な要望にもお応えしています

当院は経験豊富なスタッフが揃っています。例えば横向き以外はなれない状態の方や、ペースメーカー・妊娠安定期の方など幅広く皆様の要望に対応させて頂きます。また、怪我や痛みだけではなく、自由診療のメニューをご利用頂くことでО脚矯正や、ボキボキしない背骨の矯正も行っています。

お子様連れ

CONCEPT⑤

お子様連れOK

お子様連れの方は、個室ではありませんが一番奥のベッドにお子様と一緒にご案内いたします。お気軽にどうぞ。

初めてお越しの方へ
施術の流れ

受付風景

①受付

明るいあいさつで皆様をお迎えします!
保険証を提示して頂き、ご紹介であれば紹介カードも提示して頂きます。

問診票記入風景

②問診表記入

待合室でおおまかに、痛い箇所・いつ頃から・どのようにして痛めたかなどを記入して頂きます。

③問診

問診票を確認しながら、痛めた経緯の再確認・怪我の既往歴・仕事や趣味(運動)などを確認させてもらいます。

検査画像

④検査

患部の状態を診る為、動かせる範囲で動かします。
出来る動作(可動域)を確認する為にご自身でも動かして頂きます。
 

施術画像

⑤施術

当院独自のVDC治療を使い、15分程施術がありその後、
干渉波治療をします。(症状により前後します)

再検査画像

⑥施術後再検査

検査時に動かして頂いた動作の再確認、どの程度の改善があったかを確認します。
殆どの方が動きの改善があり喜んで頂けることが多いです。

お会計画像

⑦お会計

最後にお会計をして頂き、予定がわかる方は次回のご予約をして頂き以上となります。

訪問診療
電話をかけるボタン
アクセスボタン
ホームボタン