骨盤矯正 | 調布市のつつじヶ丘駅前ひまわり整骨院

つつじヶ丘駅前ひまわり整骨院
ヘッダー

スマホヘッダー

交通事故治療
 
ひまわり整骨院の紹介動画です!クリックしてご覧ください。 
ツイッター
HOME | CASE | 骨盤矯正

調布市での骨盤矯正は
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院にお任せ下さい

骨盤矯正

忙しく日常が過ぎていく現代社会では、なかなかカラダのケアをする時間が取れないという悩みを抱えている方が多くいます。
 
京王線つつじヶ丘駅にあるつつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院は、産後のママさんやO脚で悩む女性の方々にありがたい評価や口コミをいただいています。
 
骨盤矯正を受けることで正しい姿勢になる事ができ、様々なカラダの悩みを解消し、楽しい日常生活が送ることができるようになります!
 
特に骨盤矯正は下記のような悩みを持っている方にオススメです。
☑ポッコリお腹
☑下半身が太く見え、足全体のダルさを感じる
☑ひどい肩こり・腰痛がある
☑出産後に骨盤がガタガタしている感じを受ける
 
骨盤が歪んでいることによって、カラダには様々な負担が強いられます。
 
骨盤の歪みは正しい施術によって、本来の状態に戻すことが必ず出来ます。
 
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院は、骨盤の歪みに対してスタッフ一同真摯な姿勢で考えて、改善に向けての提案、説明、施術を行います。
 
また、骨盤の歪みを予防できるセルフケアの方法もお伝えしながら、個人差に応じたオーダーメイドの施術を提案します。
 
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院と二人三脚で、骨盤矯正し綺麗なカラダを目指しましょう!
 
ぜひお気軽にご相談ください。
 

骨盤が歪む原因は?

骨盤のゆがみ

「骨盤が歪む」とは、つなぎ目としての役割を担っている関節・靭帯・筋肉等が緩んで、仙腸関節が開いてしまい、本来の位置とずれた形で関節が固まってしまう状態のことを言います。
 
骨盤が歪むことにより、全身の歪みにつながり、様々な悪影響が起こります。
そして、骨盤の歪みに大きく影響しているのが仙腸関節です。
 
仙腸関節は日常生活の何気ないしぐさや行動で歪んでしまいます。    「足を組む」
「長時間同じ姿勢で座る・立つ」
「猫背になっている」
「横座り」
「腕組み」
などがあります。
                            
足を組んだ姿勢や横座りの姿勢は、重心が偏り背中と腰が丸くなり、アゴが突き出た姿勢になります。
 
腕組みも背中が丸くなり、腰が突き出ている姿勢です。
 
これらの姿勢に共通しているのは、体の軸となる重心がズレ、背骨に負荷がかかっているということです。
 
仙腸関節が歪みやすい生活習慣を送っていないか一度見直してみて下さい。
 
これらのクセがついている場合は、骨盤の歪みを進行させている可能性があります。
 

骨盤がずれる生活習慣とは?

足を組む

骨盤は左右のバランスで形成されています。
 
体のバランスを悪くしている生活習慣は、ほとんどが骨盤に悪影響を与えていると考えて良いでしょう。
 
現代社会では、ほとんどの方が骨盤はずれていると言われています。
 
下記のような習慣が当てはまる方は、骨盤が歪みやすいのではないかと考えます。
 
☑足の組み方はいつも同じ
☑ショルダーバックや荷物はいつも同じ方でもつ
☑立っているときに片方の足に体重をかける
☑椅子に座るときにはいつも背もたれにもたれかかる
☑電車や車移動が多く歩く機会が少ない
☑立っているとすぐに疲れを感じる
☑ハイヒールなど足を圧迫するように靴を履くことが多い
☑同じ姿勢を取りつづけることが多い
☑日常生活でストレッチをする機会がない
☑C操作やデスクワークの時は常に前傾姿勢
 
上記のポイントが半分以上当てはまる方は、骨盤が歪んでいる可能性が高いです。
 
ではこの骨盤がゆがむことによって、体にはどんな影響が出てくるのでしょうか。
 

骨盤が歪むことで起こる悩みやトラブル

骨盤の歪みの種類は?

骨盤のゆがみ

一口に骨盤の歪みといっても、様々な状態があります。
 
骨盤の歪みは、大きく「ねじれ」「開き」「傾き」といった状態で分けられます。
 
骨盤のねじれがある人は、お尻や腰回りなどに脂肪がつきやすく、下半身太りの傾向があります。
 
左右のどちらかに重心をかける、またはねじってしまう習慣が多い人にはこのねじれが多く見られます。
 
また、骨盤の開きによる体の不調は、産後に起こりやすくなります。
 
産後に骨盤の開きがある状態でそのままにしてしまった人や、骨盤の不調をそのまま放置してしまった人は状態が悪化する懸念もあります。
 
体の内蔵だけの不調だけでなく、脚のO脚・X脚などの美容的問題にもつながります。
 
そして、骨盤の傾きは、下腹がでている人に多く、内臓が下がったり肩こりや腰痛などの状態が出やすい傾向にあります。
 
先ほど挙げたチェックリストの生活習慣が原因で、この3つのいずれかを引き起こしている可能性があります。
 
ではこのような骨盤の歪みは、体にどのような悪影響を与えるのでしょうか。
 

骨盤が歪むことで体に起こる影響は?

骨盤の歪みは具体的にどのような状態を引き起こすのでしょうか。
 
まず、骨盤の歪みがある人は下半身太りの症状が出やすく、お尻や腰回りなどに脂肪がつきやすい特徴があります。
 
そして、骨盤の歪みが肩のコリや腰の痛みにつながることもあります。
 
また、骨盤の歪みは内臓に負担をかけることにもつながるので、体調不良つながる恐れもあります。
 
そして、自律神経にも影響を与える恐れもあることから、精神的に安定できないことへもつながってきます。
 
さらに女性特有の悩みと言われる、体の冷えなども骨盤の歪みが原因であることも考えられます。
 
さらに、骨盤の歪みによって、体のバランスにも影響し、見た目的にもあまりいい印象を与えません。
 
先述したような、脚のO脚・X脚や、太って見えることや後ろからみた時に垂れ尻などスタイルが悪く見えてしまうことがあるのです。
 
もし骨盤の歪みが原因でこのようなスタイルの悪さとなっているのであれば、何もケアせずにそのままの生活をしてしまうのはとてももったいないです。
 

一般的な骨盤矯正の方法

整骨院や整体院などで専門的な施術が有効

骨盤の歪みをケアするためには、整骨院や接骨院での施術・治療を受けることが、一番良いでしょう。
 
整骨院・接骨院では、痛みだけにフォーカスするのではなく、体の状態を見極めて痛みの原因となる部分からケアしていきます。
 
問診で痛みについての情報を確認し、的確な骨盤矯正で本来の体の状態に戻します。
 
先ほどご紹介したように、骨盤の歪みが引き起こす体の状態は様々です。
 
自分では別の原因があると思っていることも、日々の生活習慣が原因で起こる、骨盤の歪みがあるかもしれません。
 
整骨院・接骨院のスタッフによるケアを受けることによって、痛みのケアだけでなく、姿勢を良くすることにもつながってきます。
 
これまで、整骨院・接骨院は、痛いところを良くするために通う場所というイメージが強かったですが、昨今では体のメンテナンスに多くの方が使われています。
 

自宅でできる骨盤ストレッチ

まず、骨盤ストレッチをする前に、骨盤の歪み度をセルフチェックしましょう。
 
目をつぶって、片足で10秒以上立ってみてください。
 
体が安定せず10秒以上立てない方は、骨盤がゆがんでいる可能性があります。
 
壁に後頭部、お尻、かかとをつけて立ちます。
 
壁と腰の間に、第二関節を曲げた手のひらが入るくらいの隙間があれば、骨盤の位置はおそらく正常です。
 
握りこぶしが入るほど広い場合は骨盤が前に、手のひらが入らないほど狭い場合は骨盤が後ろに傾いている可能性があります。
 
そんな方達に簡単にできるストレッチをご紹介します。
 
①まず立位で足を肩幅に開き、手を腰に当てます。
②骨盤を動かすように、腰を前後・左右それぞれ10回ずつ、ゆっくり動かします。
③骨盤の位置を意識しながら、円を描くように腰を10回まわします。
 
頭が動かないように、また足の裏が床から離れないように注意しながら行いましょう。
 
また、骨盤ストレッチの方法として脚ひねりと体ひねりをご紹介します。
下記の方法を参考にしてください。
 

脚ひねり

①あお向けに寝て、両膝を立てます。足裏は床につけたままにしましょう。
②両膝をつけたまま、足をゆっくり右に倒します。肩が床から離れないように注意して、息を吐きながら倒しましょう。
③息を吸いながらゆっくり足を戻し、左側も同様にします。
 
左右10回ずつを目安に辛くない程度で行ってください。
 

体ひねり

①あお向けに寝て、両足を曲げて腕で抱え込みます。
②両膝を抱えたまま、体をゴロンゴロンと前後にゆっくりゆらします。
 
どちらも簡単な方法ですので、ぜひ実践してみてください。
 
また、これらのストレッチ以外にも、骨盤矯正ベルトや補正下着を着用することで、骨盤の歪みを矯正する方法もあります。
 
骨盤の歪みは日常生活の様々な悩みにつながります。
 
もし今悩みを抱えている方は、早急に骨盤矯正を行うことをオススメします。
 

つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院が本当の骨盤の位置をお伝えします。

骨盤矯正

骨盤矯正、О脚、足首の調整を一つのメニューとして施術しております。
 
私たちの身体というのは全体が連動して動いています。
 
例えばО脚だけを矯正しようとしても、膝の上に位置する股関節・骨盤や膝の下にある足首が正し位置にないとなかなか上手く矯正できません。
 
また、骨盤だけを矯正しても骨盤を支えている下肢が捻じれていては、骨盤を正しく維持することは難しいといえます。
 
つつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院では、どの向きが正しい位置であるかを正確に伝えします。
 
そのうえで、骨盤と膝(О脚)、足首の調整を行っていきます。
 
特にこのような方はご相談ください。
☑О脚が気になる方。
☑ズボンの膝の隙間が気になる方。
☑偏平足・外反母趾をこれ以上進行させたくない方。
☑骨盤が気になっている方。
☑内股が気になる。
☑お尻のお肉が下に下がってきた。
☑産後のケアをしたい。
☑今まで産後ケアをしていないが骨盤矯正をしてみたい。
☑腰痛や座骨神経痛の方。
 
ただし、矯正をする事でお困りの症状が一回で全て解決するというものではありません。
 
改善にはある程度の回数を要する場合もありますので、根気強く向き合う必要があります。
 
О脚矯正においては、状態により30回~50回の回数を要する場合があります。
 
最初は週一回位の頻度でも、継続して施術を受けることをおすすめ致します。
 

通いやすいつつじヶ丘駅前ひまわり鍼灸整骨院で
じっくり骨盤を矯正してみませんか?

骨盤矯正

より質の高い療法をお届けしようと2013年の5月に開院させて頂きました。骨盤の歪みで辛い思いをしている方は、一人で悩まずに私たちにご相談ください。
 
経験豊富なスタッフがあなたを全力でサポートしますので、安心してお任せください。
 
骨盤矯正コースは30代女性を中心に多くの方が利用いただいています。
 
つつじヶ丘駅から徒歩1分というアクセスと、予約優先制ですのでお気軽にお立ち寄りください。
 
お子様連れの通院も大歓迎ですので、初めての方もお気軽にお電話でご相談ください。
 
骨盤矯正コースで、確かな結果を提供して、あなたの日常生活に笑顔を増やします。

つつじヶ丘駅前ひまわり整骨院
施術メニュー

 

骨盤矯正

あなたの本当の骨盤の位置をお伝えします。

骨盤矯正・O脚矯正

当院では骨盤矯正、О脚、足首の調整を一つのメニューとして施術しております。
私たちの身体というのは全体が連動して動いています。例えばО脚だけを矯正しようとしても、膝の上に位置する骨盤や膝の下にある足首が正し位置にないとなかなか上手く矯正できません。
また、骨盤だけを矯正しても骨盤を支えている下肢が捻じれていては、骨盤を正しく矯正することは難しいといえます。
あなたに骨盤が正しい位置にある状態をお伝えします。
そのうえで、骨盤と膝(О脚)、足首の調整を行っていきます。
 
特にこのような方はご相談ください。
☑︎О脚が気になる方。
☑︎ズボンの膝の隙間が気になる方。
☑︎偏平足・外反母趾をこれ以上進行させたくない方。
☑︎骨盤が気になっている方。
☑︎内股が気になる。
☑︎お尻のお肉が下に下がってきた。
☑︎産後のケアをしたい。
☑︎今まで産後ケアをしていない、骨盤が開いていると感じる方。
☑︎腰痛や座骨神経痛の方。
 
※矯正をする事でお困りの症状が一回で全て解決するというものではありません。
改善にはある程度の回数を要する場合もあります。
最初は週一回位の頻度でも施術をおすすめ致します。
О脚矯正においては、状態により30回~50回の回数を要する場合があります。

30分 4,000円

つつじヶ丘駅前ひまわり整骨院
施術コンセプト

揉み返しがない

CONCEPT①

揉み返しが起こりにくい

当院の施術は対症の筋肉に対して垂直に圧をかける事で、身体に負担の少ない施術を行っています。

筋肉のゆるさ

CONCEPT②

筋肉がしっかり解れる

筋肉に対しての垂直に圧を掛けるという事は、身体に対して負担が少ないだけではありません。垂直に筋肉をしっかり捉える事でより目的の筋肉が解れるので、高い施術効果が期待できます。

スタッフ

CONCEPT③

スタッフのハズレが少ない

ひまわり整骨院では、入社して間もない新人施術者が皆さまに施術を提供することはありません。烏山・つつじヶ丘院ともに院内の実技審査をクリアスタッフのみが施術にあたらせて頂いております。

要望

CONCEPT④

様々な要望にもお応えしています

当院は経験豊富なスタッフが揃っています。例えば横向き以外はなれない状態の方や、ペースメーカー・妊娠安定期の方など幅広く皆様の要望に対応させて頂きます。また、怪我や痛みだけではなく、自由診療のメニューをご利用頂くことでО脚矯正や、ボキボキしない背骨の矯正も行っています。

お子様連れ

CONCEPT⑤

お子様連れOK

お子様連れの方は、個室ではありませんが一番奥のベッドにお子様と一緒にご案内いたします。お気軽にどうぞ。

初めてお越しの方へ
施術の流れ

受付風景

①受付

明るいあいさつで皆様をお迎えします!
保険証を提示して頂き、ご紹介であれば紹介カードも提示して頂きます。

問診票記入風景

②問診表記入

待合室でおおまかに、痛い箇所・いつ頃から・どのようにして痛めたかなどを記入して頂きます。

③問診

問診票を確認しながら、痛めた経緯の再確認・怪我の既往歴・仕事や趣味(運動)などを確認させてもらいます。

検査画像

④検査

患部の状態を診る為、動かせる範囲で動かします。
出来る動作(可動域)を確認する為にご自身でも動かして頂きます。
 

施術画像

⑤施術

当院独自のVDC治療を使い、15分程施術がありその後、
干渉波治療をします。(症状により前後します)

再検査画像

⑥施術後再検査

検査時に動かして頂いた動作の再確認、どの程度の改善があったかを確認します。
殆どの方が動きの改善があり喜んで頂けることが多いです。

お会計画像

⑦お会計

最後にお会計をして頂き、予定がわかる方は次回のご予約をして頂き以上となります。

訪問診療
電話をかけるボタン
アクセスボタン
ホームボタン